RSS
Admin
Archives

Chacha-Coco

プロフィール

茶ま

  • Author:茶ま
  • 茶々と恋々のブログです。
    本館は↓からどうぞ~

    茶ぱフォトへ!


    colopl_120x60.gif


いくつになったの?
お誕生日 11月23日

いくつになったの?
お誕生日 5月12日

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.01
17
CM:8
TB:0
00:33
Category : chama
1月15日の夜、実家のダイナーが虹の橋を渡りました。


15歳でした。

IMG_1635.jpg




年末から体が弱っていてゴハンもほとんど食べることが出来ませんでした。

ダイナーに会いに行くたびに、どんどん体が痩せて行き小さく小さくなって行きました。

健康な時の体重は5キロほどでしたが、最期は3,7キロにまで痩せ細っていました。


病院での診断は『老衰』です。

獣医にも、年明けの診察では『これからは延命治療に入ります。』
と言われていました。


昨日の夕方、実家からダイナーもうダメかもしれないと電話があり
すぐに駆けつけました。


実家に行くとダイナーは力なく横たわり
父と母が懸命に人工呼吸や心臓マッサージなどの蘇生処置をしているところでした。



ダイナーを触ってみると体はすっかり冷たくなっていて
もうダメだ・・・・間に合わなかった・・・
と、思ったのですが。。。。



ダイナーは、わたし達が来るのを待っていたかのように意識を取り戻し
力を振り絞るように首をあげ、わたしを見てくれました。

それから、驚くほどの生命力でしっかりと息をして心臓もきちんと動き出しました。

ダイナーは最期のお別れを待っていてくれたようでした。



茶々にとってはPuppyの頃からの姉貴的な存在のダイナー。
ダイナーの命の火が消えてしまうのを悟ったのか
茶々はダイナーを心配そうに何度も覗き込み
そっとダイナーの横に横たわっていました。


恋々は、今日葬儀に行く車の中でずっとクンクンと鳴いていました。


飼い主の思い込みかもしれませんが
茶々恋々なりにダイナーとは、もう逢えないと分かったのかもしれません。



たぶん、これがダイナーと会うのは最期になると思い
ダイナーを力いっぱい抱きしめてあげたかったですが
痩せ細ってガリガリのダイナーは力を入れるとポキッと骨が
折れてしましそうなので優しく包み込んであげました。




時折、苦しいのか今まで聞いたことのない声を上げていましたが
状態は安定したようだったので、ひとまず家に戻ったのですが
家に帰ってから2時間ほどしてから、ダイナーは虹の橋へ行ってしまいました。




わたしに会うために苦しいのに頑張って生きてくれたんだと思います。

わたしが実家に居るときから、わたしに一番懐いていたダイナー。
実家を出てからも、実家へ遊びに行くと嬉しそうにしてくれて
帰るときには寂しそうにしていたダイナー。


きちんとお別れを言わせてくれてありがとう。






今日、いつもお世話になっているドッグランが経営しているペット霊園でダイナーの葬儀を終えました。
行き届いた心使いに両親共々、心から感謝しております。
本当にありがとうございました。



ダイナーも何度か一緒に遊びに行ったラン。
茶々も恋々も毎週遊びに行くランで眠っています。

しょっちゅう逢いに行けるから寂しくないよね?



IMG_2730.jpg




15年も長生きしたダイナー。
寂しいけれど、きっと幸せな犬生だったと思います。


ありがとうダイナー。


母からの話です。


恋々が来るちょっと前に実家にダイナーの先住犬であるチャッピーが虹の橋を渡りました。



ダイナーの状態が落ち着いて両親が食事を取っている時でした。
チャッピーは実家の庭の木の下で眠っているのですが
その木が植えてある方向から、かすかに鈴らしき音が聞こえ
だんだんと大きく聞こえてきました。


なんの音だろう?と父と母は鈴らしき音の原因を探って家中を
見回っていました。



そのうち、鈴の音が止み、ふとダイナーを見るとダイナーは息を引き取っていたようでした。



きっと、ダイナーが道に迷わないようにチャッピーが迎えに来てくれたんだと思います。



思い込みかもしれませんが
そう思えて仕方ありません。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

なんと言っていいか分かりませんが・・・

最後まで本当にがんばってくれたんだね。。。
きっと、茶まさんが来るのを待っていてくれたんだと、本当にそう思います。
15年という月日、ご実家のご両親と茶まさん、茶ぱさん、茶々くん、恋々ちゃんに、
あの愛らしい顔でたくさんの幸せを運び続けてくれたダイナーの、心からのご冥福を祈ります。
 
ほんの数回だったけど、ダイナーに会えて良かった。。。
かわいい笑顔をありがとう。

きっとダイナーしあわせだったね!

No title

どうもありがとう。

心優しい言葉を見ると、まだまだ目頭が熱くなってきますw
でも、わたしもダイナーは本当に幸せだったと思うから
きっと穏やかな気持ちで天国への橋を渡って行ったと思います^^

心にポッカリと開いた穴を茶々恋々が癒してくれてるよ。
茶々恋々にも感謝だよw


パル母さんの気持ち、きっとダイナーにも届いているはずです!!
どうもありがとう^^

No title

ランでダイナーに会って、
年を聞いてびっくりしたのを思い出しました。
子犬かと思ったことを…

チャッピーのお迎え、あったんだと思います。
茶まさんが言うように、思い込みかもしれないけど
でも、私もそういうのはあるように思えて仕方ありません。

お別れは本当にしんどいことですが、
心からのご冥福をお祈りします。
ダイナー、ゆっくり休んでね。

No title

ダイナーちゃん・・覚えていますよ。
3年くらい前?茶恋家に連れられて何度かランに来ていましたね(確か雪の季節)
体は小さい小型犬だけど、どっしり落ち着いた物腰と愛くるしい目。
年を聞いてびっくりしたこともよく覚えています。
日曜日、茶まさんとお話する時間が無かったけれど後でランに来ていた他の飼い主さんから御実家の犬が亡くなったと聞いて、もしや・・と気になっていました。
お別れは悲しいですが、ダイナーちゃんが残してくれた思い出が心から優しい気持ちにさせてくれる日がくると思います。
ダイナーちゃん、御実家や茶恋家みんなに可愛がられ幸せな15年だったでしょう。
ご冥福をお祈りします。
愛くるしいダイナーちゃん、ずっと覚えていますよ。

seijinさん

そうだよね、ランではお世話になったね^^
よくダイナーを連れて行ってた時は4年も前だったんだよ~!
永遠の子犬ちゃんだった筈なんだけど
15歳っていったら人間だと相当なモノだよね。

今頃はチャッピーと一緒に楽しく過ごしていると思います^^
美味しいものいっぱい食べてねw

心使いありがとう。

あいびーままんさん

そうなんです。
実はあの日はダイナーとお別れの日だったんです。

最期の時は本当に悲しかったけど送り出すときは
不思議と落ち着いていました。

ランのスタッフさんたちも物怖じしないドッシリとした
ダイナーの事を覚えていてくれていて
あいびーままんさんにも覚えて貰ってくれていて
ダイナーは本当に幸せです^^

これからは、いつものランでいつでも会えるんでダイナーも寂しくないかな?って思います^^

お気遣いありがとうございます。

No title

遅れましたが。。。

茶まさん大丈夫ですか?
私は逢った事無かったけど、15歳の大往生でしたね!
掛ける言葉も無いけれど、ご冥福をお祈りします。
あそこのランの斎場だったら何時でも逢いにいけるね!
きっと茶々恋々が走り回る姿を見て笑っていると思います。
大事にされて幸せな犬生でしたね!

茶々丸母さん

どうもありがとう~。
ダイナーに会ったことなかったっけ?
一時期はよくランに連れて行ってたんだけど
たまたま会えなかったんだね^^

今日も、いつものランに行ってお参りしてきました。
ホント15年って長いよね。
たくさん思い出を残してくれてダイナーには感謝です。

わたしは元気ですよ^^
心配ありがとう~!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。